年明けよりコロナ・インフルエンザ同時抗原検査を開始します

コロナ感染者数が増加

12月11日~17日の1週間におけるインフルエンザ、コロナの報告数(全国)はそれぞれ147,858人、20,511人であり1)、コロナに関しては4週連続で増加しています(※1ヵ月前(11月14日~19日の週間報告数)に比べてコロナは10,863人増加)。

当院を受診される患者さんでも、インフルエンザ陽性の方は依然多いなか、コロナPCR陽性の方も増えてきています。

これまで当院でのコロナ検査はPCR検査のみ行っておりましたが、昨今の感染状況を踏まえ、来年1月5日よりコロナ・インフルエンザ同時抗原検査も開始いたします。

国立感染研究所からのデータ(感染症発生動向調査週報 第50週(12/11-12/17)定点把握疾患の報告数)を基に筆者作成

コロナPCR検査とコロナ・インフルエンザ同時抗原検査の比較

※コロナ単独の抗原検査は行っておりません。

鼻からの検査が苦手な方、検査代がかさむことに不安がある方などは、コロナ・インフル同時検査をお勧めします。

インフルエンザが最も流行しているという理由で、インフルエンザの検査のみ行うも陰性だった場合、「それでは症状の原因は?」とハッキリしないケースが多々あります。
インフルエンザの爆発的な流行が続く一方、コロナ感染も広がりつつある状況のため、急な体調不良でお困りの方は、コロナ・インフルの同時検査を検討してもよいかもしれません。

検査の判断に悩む場合も多いと思いますので、何でもご相談ください。

参考文献:
1.国立感染研究所ホームページ(⇒)より「感染症発生動向調査週報 2023年第50週」

院長 角田昇隆

秋葉原内科シンシアクリニック
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町 1-6-5 アキバ・トリム B1F
内科・循環器内科・糖尿病内科・呼吸器内科